あがり症の治療 / 漢方薬

あがり症の治療法に漢方薬を服用することがあります。
最近では、漢方薬を使ったあがり症の治療が注目されているようです。
あがり症の治療として医療機関でも処方されますが、ドラッグストアなどの市販での漢方薬を服用される方も多くなっているようです。
では、あがり症の治療法として効果的な漢方薬の効果などを探ってみましょう。。
半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)
半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)は神経症的な精神不安や動悸、めまいなどの症状に効果があるとされています。 神経症状から起こる喉の違和感などの症状にも効果があり、あがり症などの精神的に不安定な症状にも有効とされています。 そういった意味でも、神経質で内向的な人がストレスなどを受けた場合に、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)を服用される場合が多いようです。
柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)には、神経の苛立ちや興奮を抑える作用による精神神経症状を和らげる効果があります。 その他にも、高血圧症や動脈硬化などの症状にも効果があるとされています。

また、漢方薬の服用で症状が改善されてもされなくても、漢方薬は症状と体質を考えた服用が必要ですので医師や薬剤師の方に相談されることをオススメします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。