あがり症の治療法 / 認知行動療法

あがり症を克服する方法として「認知行動療法」という治療法があります。 あがり症の原因となっている行動を特定して、今まで避けてきた行動を行うことであがり症を治療します。
あがり症の原因は人によって違いがあるので、あがり症の治療法である「認知行動療法」の行動自体も様々です。
あなたが敢えて避けてきた恐怖心や緊張感に襲われそうな場面に、あなた自身を立ち向かわせることで「慣れ」が生じ、あがり症の治療法として活用されているのです。
最初の認知行動療法ではかなりの抵抗感を感じる方も多いですが、緊張状態に慣れることで失敗の頻度が減少すると、自信につながってきます。 最初は辛いかもしれませんが、長期的な認知行動療法は効果的なあがり症の治療法といえます。
しかし、あなたが避けてきた嫌な場面などに直面する認知行動療法では、あなた自身に大きな精神的負担になってしまう恐れがありますので、薬物療法との併用をされる医療機関も多いようです。
薬物療法であがり症の改善が見られない場合には専門医に相談して、認知行動療法を併用したあがり症の治療をすることが一般的とされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125940870

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。