あがり症の治療法 / 催眠療法

あがり症では過去の苦い経験がマイナスイメージとして潜在意識のなかに存在する場合が多く、そのマイナスイメージが色んな場面であがり症の症状に結びついてしまうと考えられます。
そこで、あがり症に有効とされる 「催眠療法」 という治療法が行われるのです。 
ふだん私たちは潜在意識を意識することはできませんが、潜在意識は人間の行動・思考・感情などに深く関わり影響を及ぼすといっても過言ではありません。 そして、人生にさえも大きく影響を及ぼすとされる潜在意識に直接作用していくのが催眠療法です。
あがり症の場合も例外ではなく、潜在意識のなかに存在する過去のあがり症によるマイナスイメージを転換することであがり症を克服していくのが催眠療法ということになります。
そして、催眠療法には自分自身をコントロールする自己催眠療法という治療法もあります。 
自己催眠療法は独学で習得するのは困難ですが、覚醒状態にあっても自分で自分を変えるための催眠療法ができるという最大のメリットがあるのです。 
自己催眠療法を学べるスクールやマニュアルも数多く存在しますので、自己催眠療法の習得方法を探してみるのもいいですね。
自分はあがり症だと思い込んでおられる方には、ぜひ催眠療法も視野に入れた治療法を試されてみてもいいのではないでしょうか。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。