あがり症なのにPTA役員に…。

〜あがり症の悩み事例〜 (41歳女性)
私は、長年あがり症で悩まされている主婦です。
そんな私が、ある日突然あがり症に巻き込まれる事態に陥ってしまいました。  実は最近、専業主婦という立場もあり半強制的に小学校のPTA役員をすることになってしまったのです。
今まで私は、あがり症などの恐怖症は少し恥ずかしいというイメージがあったので、周りの人にはあがり症であることを悟られないように振舞ってきました。
そして、今回のPTA役員…。
正直なところ、今まで私自身が極度のあがり症であることを悟られないように振舞ってきたことが、私自身を苦しめています。
他のお母さんたちは、私がPTA役員にふさわしいと思い込んでしまっているのです。 
誰も私のことを「あがる人」とは思っていないので、皆の前で失敗したら恥ずかしいという思いが込み上げてきて苦しんでいます。 
私があがり症であることを、周りの人には恥ずかしくて今さら言えません。
私自身はどちらかというとプライドが高い方なので、
「絶対に私があがり症であることは悟られてはいけない」
「絶対に皆の前で失態を見せるわけにはいかない」
などのプレッシャーを自分自身にどうしても与えてしまいます。
今はまだPTA役員として大勢の前で話す機会は訪れていないのですが、そんな場面を想像するたびに緊張感と不安感で押し潰されそうな毎日を過ごしています。
いつかは大勢の前で話さないといけないので、自分に合ったあがり症の対策を調べないといけません。  本当に焦っています。
あがり症と長年向き合ってきましたが、目の前の不安感と恐怖感であがり症であることの苦しさを改めて思い知らされたような気がします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。