あがり症と赤面症との関係

赤面症は赤面恐怖症とも呼ばれ、他人との対話などで顔が赤くなってしまう現象のことをいいます。
恥ずかしい思いをするなどの感情的理由で顔を赤くすることは、誰にでも経験があると思います。
この赤面症の症状は 「緊張」 が原因となることが多く、あがり症にも深く関係しているのです。
あがり症の症状の一つとして 「赤面症」 が紹介されるのも、あがり症と赤面症の症状が同じ状況で同時に引き起こされることが多いからです。
面接などの緊張する状況での赤面症とあがり症を探ってみると分かりやすいと思います。
まず、面接などの状況では誰でも多少の緊張はします。
ただ、強い緊張感から赤面症の症状が出てしまうと本人は過剰に意識することで、あがり症の症状を引き起こす可能性が高くなってしまいます。
それらの症状が相乗効果となって緊張感が増していき、赤面症やあがり症の症状がどんどん膨らんでしまいます。
そういった失敗や恥ずかしい思いがあなた自身の思い込みを強くすることで、あなたがその状況を常に避けようとする行為自体が一番の問題点となってしまうのです。
あがり症を克服するには、あがり症を引き起こす原因や症状の一つとされる赤面症 (赤面恐怖症) を改善していくことが大切になってくるのです。
【赤面症 (赤面恐怖症)の最新記事】
posted by よし at 15:49 | 赤面症 (赤面恐怖症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。