書痙の治療法とは?

人前で字を書くときなどに震えてしまう 「書痙」 は、対人恐怖症の症状の一つと考えられています。
書痙での一般的な治療法として精神療法が挙げられますが、症状の状態によっては抗不安薬や抗うつ薬などを使用する薬物療法による治療もされます。
書痙は作家やピアニストなどの身体の一部を過度に酷使する動作で引き起こされる傾向が多いことから、過度の使用とストレスが原因になっているとされているのです。
つまり、書痙の原因として考えられている 「過度の使用」 や 「ストレス」 を取り除くことが最善の治療法といえます。
だだ、原因がはっきりと解明されていないこともあり、確実に完治するような治療法が存在しないのも事実なのです。
現在行われている書痙の治療法を挙げてみます。
@精神療法
A薬物療法
Bボツリヌス(ボトックス)治療
書痙は治るまで非常に時間のかかる病気です。
あがり症を治療することが 「書痙」 を克服することにつながるので、焦らずゆっくりと治療することが大切です。 
書痙の治療で自分のペースを乱すと、過剰なストレスで逆効果になる恐れもあるのです。
【書痙 (しょけい)の最新記事】
posted by よし at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書痙 (しょけい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。