会食恐怖 (会食恐怖症) の原因と症状とは?

会食恐怖とは他人との食事で恐怖を感じる恐怖症のことをいいます。
あなたも緊張で食べ物が喉を通らないなどの経験はないですか?
会食恐怖では、接待などの会食や会社での昼食などで他人の視線が気になって過剰な緊張感を感じてしまうのです。
会食恐怖症は不安神経症の一つの症状で、他人との食事でめまい・吐き気・胃の圧迫感・手の震えなどの様々な症状に襲われます。
また、会食恐怖 (会食恐怖症) はあがり症の代表的な症状としても取り上げられます。
食事で過度の緊張状態が続いてしまうと、緊張や恐怖によってあがり症の症状として 「会食恐怖 (会食恐怖症)」が引き起こされてしまうのです。
<会食恐怖症の原因>
@自分の食べる姿を見られていると過剰に意識することで食べ物がのどを通らない。
A食事中の 「音」 に対して敏感になることで緊張や恐怖が増幅されてしまう。 
B接待や初対面の人との会食で緊張状態が持続してしまうことで、強いストレスによる恐怖感を感じてしまう。
会食恐怖症の症状が長く続くと日常生活にも支障がでてしまう恐れがあるため、会食恐怖症の発症原因に深く関係するあがり症の早期治療が大切になってきます。
【会食恐怖 (会食恐怖症)の最新記事】
posted by よし at 10:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 会食恐怖 (会食恐怖症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グリーから始まる新しい関係…恋人や友達、もしかしたらセクフレも出来るかも!?無料期間中に試してみませんか?
Posted by グリー at 2010年10月22日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128512616

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。