自己暗示 (思い込み) があがり症を加速!?

あがり症の原因の一つに「自己暗示」があります。
あなたは、緊張する場面で「どうしよう。。私はあがり症だからなぁ〜」って考えてしまう事はないですか? 
多くの方はそんな自己暗示をかけてしまう経験があるのではないでしょうか。この自己暗示の思い込みが、あがり症の原因となってしまうことが多いのです。どんな人でもプレッシャーや緊張感を感じる場面では、自分に自信がなくなったりするものです。あなたが特別っていう訳ではないのです。
ですので、必要以上に「私はあがり症なんだから・・・」と責めたり諦めたりすることはありません。
もし、あなたに緊張の場面が訪れたら、「私はあがり症なんかじゃないんだ!」って言い聞かせてみてください。 そして、自己分析をしてみるといいでしょう。
@自分にとっての緊張の場面とはどんな時なのか?
A自分が緊張している状態でどんな事を考えているのか?
あなたが自己分析をすることで、あなた自身のあがり症を克服するための貴重なデータ(あがり症の克服法)になることでしょう。
あなたに一つだけ言わせてください。
『あなたは、あがり症ではありません! あがり症だと自分自身が勝手に決めつけている場合が多いのです!』

過去の失敗があがり症の原因に!?

あなたの過去の失敗があがり症の原因になっていることもあります。
あなたにもそういった経験はないですか?
あがり症が原因で、過去に失敗した出来事を忘れられなかったり、人前で恥ずかしい思いや辛い経験をした事を思い出すだけで緊張してしまう・・・など。 このような不安感や恐怖感を抱いていると、過去の苦い経験に二度と遭遇しないように避けることを考えてしまいます。
自己防衛という意味では、誰でもそうかも知れません。。でも、あがり症を克服したいという願望があるなら、そのまま避け続けるわけにもいかないというのも事実です。
過去の失敗を、あがり症の克服を諦めるための理由にしてしまっているのです。 あがり症の原因が多く存在するのと同様に、あがり症の克服法にも数多くの情報が存在します。 その多くの情報の中で、どの方法があなたのあがり症克服につながるかを試してみるのもいいと思います。
まず、自分自身を好きになることがあがり症の克服への第一歩です。 過去の失敗を恐れて逃げ続けると、あなたが抱えるあがり症の存在感はますます大きくなり、あなたを脅かす存在にもなりかねません。
好きな自分をイメージしてあがり症の原因の一つとされる「過去の失敗」に挑戦状を叩きつけてやりましょう! どんな挑戦をするにも、あなた自身の心で解決するんですから・・・。当然、あがり症の克服も例外ではありません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。