あがり症の治療法 / 薬物療法

あがり症の克服法の一つに、薬物療法という治療があります。
医療機関であがり症の治療をすると、一般的に薬が処方されます。
あがり症の治療法とされる「薬物療法」を、メリットとデメリットの2つの側面から検証していきましょう。
<薬物療法のメリット>
・ 即効性がある
・ 費用が安い
・ 有効性が高い
薬物療法は、あがり症の治療方法では一般的な治療法といえます。 健康保険を使用できる病院に通院することで、治療費を大幅に抑えることができます。 また、薬物療法は時間をかけずにあがり症の克服効果を得られるといわれており、あがり症で薬物療法を選択される人が増えているようです。

<薬物療法のデメリット>
あがり症を克服するために薬を服用したからといって、必ずしもあがり症を克服できるというわけではありません。 薬物療法はあくまでも、あがり症で悩んでいる人にあがり症の治癒に向けてのきっかけを与えるものとされています。また、あがり症の薬には強い副作用があるものもあるので注意しなければなりません。

あがり症で処方される薬には、強い副作用や服用量の設定が難しいものがあります。 あがり症で薬物治療をする場合、自己判断では危険が伴うので、必ず専門医の指示に従って薬を服用しなければいけません。
薬の正しい知識で、あがり症の治療効果を高めていくのが理想的ですね。 

あがり症の治療 / 漢方薬

あがり症の治療法に漢方薬を服用することがあります。
最近では、漢方薬を使ったあがり症の治療が注目されているようです。
あがり症の治療として医療機関でも処方されますが、ドラッグストアなどの市販での漢方薬を服用される方も多くなっているようです。
では、あがり症の治療法として効果的な漢方薬の効果などを探ってみましょう。。
半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)
半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)は神経症的な精神不安や動悸、めまいなどの症状に効果があるとされています。 神経症状から起こる喉の違和感などの症状にも効果があり、あがり症などの精神的に不安定な症状にも有効とされています。 そういった意味でも、神経質で内向的な人がストレスなどを受けた場合に、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)を服用される場合が多いようです。
柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)には、神経の苛立ちや興奮を抑える作用による精神神経症状を和らげる効果があります。 その他にも、高血圧症や動脈硬化などの症状にも効果があるとされています。

また、漢方薬の服用で症状が改善されてもされなくても、漢方薬は症状と体質を考えた服用が必要ですので医師や薬剤師の方に相談されることをオススメします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。