会食恐怖 (会食恐怖症) の原因と症状とは?

会食恐怖とは他人との食事で恐怖を感じる恐怖症のことをいいます。
あなたも緊張で食べ物が喉を通らないなどの経験はないですか?
会食恐怖では、接待などの会食や会社での昼食などで他人の視線が気になって過剰な緊張感を感じてしまうのです。
会食恐怖症は不安神経症の一つの症状で、他人との食事でめまい・吐き気・胃の圧迫感・手の震えなどの様々な症状に襲われます。
また、会食恐怖 (会食恐怖症) はあがり症の代表的な症状としても取り上げられます。
食事で過度の緊張状態が続いてしまうと、緊張や恐怖によってあがり症の症状として 「会食恐怖 (会食恐怖症)」が引き起こされてしまうのです。
<会食恐怖症の原因>
@自分の食べる姿を見られていると過剰に意識することで食べ物がのどを通らない。
A食事中の 「音」 に対して敏感になることで緊張や恐怖が増幅されてしまう。 
B接待や初対面の人との会食で緊張状態が持続してしまうことで、強いストレスによる恐怖感を感じてしまう。
会食恐怖症の症状が長く続くと日常生活にも支障がでてしまう恐れがあるため、会食恐怖症の発症原因に深く関係するあがり症の早期治療が大切になってきます。
posted by よし at 10:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 会食恐怖 (会食恐怖症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会食恐怖症の克服に向けた対策とは?

会食恐怖 (会食恐怖症) の原因でも触れましたが、食事中の 「音」 を過剰に意識することによる恐怖感が会食恐怖症の症状につながってしまうことがあります。
もちろん音だけでなく、食事をする姿を見られるという過剰な意識も強い緊張感につながってしまいます。
これらの症状を克服するための手段として薬物療法や心理療法がありますが、薬物療法や心理療法をしたからといって必ずしも会食恐怖症を克服できるとは限りません。
まずは、あなた自身で解決することを試みてから自分に合った治療法を探してみるのもいいでしょう。
あなたの心の奥底にある会食に対する恐怖心を和らげることが、会食恐怖症の克服に向けた対策の第一歩となります。
まずはあなたに潜む恐怖心を和らげるために必要なことは、あなたが抱える会食恐怖症の症状を受け入れることです。
@食事の音を過剰に意識して恐怖を感じてしまう。(会食恐怖症の発症) 

A食事中に音をたてるのは誰でも当然のことであり、それほど大した問題じゃない。 (自分自身の症状を受け入れる)

あなたを悩ませる会食恐怖症の症状が、会食の何に対して恐怖を感じるのかという原因を探っていくことで症状を受け入れる態勢を作っていくことが重要なのです。
posted by よし at 10:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 会食恐怖 (会食恐怖症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。