書痙の治療法とは?

人前で字を書くときなどに震えてしまう 「書痙」 は、対人恐怖症の症状の一つと考えられています。
書痙での一般的な治療法として精神療法が挙げられますが、症状の状態によっては抗不安薬や抗うつ薬などを使用する薬物療法による治療もされます。
書痙は作家やピアニストなどの身体の一部を過度に酷使する動作で引き起こされる傾向が多いことから、過度の使用とストレスが原因になっているとされているのです。
つまり、書痙の原因として考えられている 「過度の使用」 や 「ストレス」 を取り除くことが最善の治療法といえます。
だだ、原因がはっきりと解明されていないこともあり、確実に完治するような治療法が存在しないのも事実なのです。
現在行われている書痙の治療法を挙げてみます。
@精神療法
A薬物療法
Bボツリヌス(ボトックス)治療
書痙は治るまで非常に時間のかかる病気です。
あがり症を治療することが 「書痙」 を克服することにつながるので、焦らずゆっくりと治療することが大切です。 
書痙の治療で自分のペースを乱すと、過剰なストレスで逆効果になる恐れもあるのです。
【書痙 (しょけい)の最新記事】
posted by よし at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書痙 (しょけい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書痙 (しょけい) の症状とは? 

書痙 (しょけい) は神経症の代表的な症状で、人前で字を書く時などに手が震えるといった症状がでます。
また、書痙の症状で悩んでいる人が適切な治療ができずに一人で悩みを抱えている場合が多いのも特徴といえます。
自分自身が書痙であることに気付かずにコンプレックスとして抱え込む人も多いことから、自分が書痙であるのかをチェックしてみなければなりません。
ただ、勘違いしてもらいたくないのが書痙 (しょけい) の症状がでる場面は字を書くときだけではないということです。
<書痙の症状と考えられるシーン>
@結婚式などの受付で自分の名前を書くときに震えてしまう。
A人前での発表などで、手や声が震えてしまう。
B初対面のお客さんにお茶を出すときに手が震えてしまう。
Cお酒をついでもらう時や、調理のときに手が震えてしまう。
書痙 (しょけい) の原因として精神的緊張や筋肉の緊張が考えられており、緊張からくるあがり症によく似た様々な症状がでてきます。
posted by よし at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書痙 (しょけい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。