赤面症 (赤面恐怖症) の原因

赤面症での悩みを抱えている方は非常に多く、これからも増加傾向にあるとされています。
では、この赤面症という症状が引き起こされる原因は一体何でしょう?
赤面症の原因は人によって様々ですが、精神面での受け止め方に問題がある場合が多いようです。
赤面症を発症するきっかけは普段の生活の中にいくらでも存在します。
まず、あなたがどんな状況で赤面症を発症してしまうのかを客観的に分析することが必要になってきます。
赤面症を過剰に意識することはありませんか?
緊張した場面や人目を気にするような状況で過剰反応をしてませんか?
多くの場面で顔が赤くなってしまうことは誰にでもあることです。
ただ、周りの人は赤面することを過剰に意識することはありません。
誰にでも引き起こされる可能性のある赤面という症状をどう受け止めるかが問題となってくるのです。
つまり、赤面することに過剰な意識を向けてしまうことが原因の一つとされているからです。
赤面症であることを過剰に意識すると、他人との接触に恐怖感を抱くことで赤面症の悩みはどんどん膨らんでしまいます。
赤面症はあなたの考え方や受け止め方によって引き起こされたものであるのなら、あなたの考え方や受け止め方を変えることで赤面症を克服するきっかけにもなるのです。
【赤面症 (赤面恐怖症)の最新記事】
posted by よし at 10:27 | 赤面症 (赤面恐怖症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あがり症と赤面症との関係

赤面症は赤面恐怖症とも呼ばれ、他人との対話などで顔が赤くなってしまう現象のことをいいます。
恥ずかしい思いをするなどの感情的理由で顔を赤くすることは、誰にでも経験があると思います。
この赤面症の症状は 「緊張」 が原因となることが多く、あがり症にも深く関係しているのです。
あがり症の症状の一つとして 「赤面症」 が紹介されるのも、あがり症と赤面症の症状が同じ状況で同時に引き起こされることが多いからです。
面接などの緊張する状況での赤面症とあがり症を探ってみると分かりやすいと思います。
まず、面接などの状況では誰でも多少の緊張はします。
ただ、強い緊張感から赤面症の症状が出てしまうと本人は過剰に意識することで、あがり症の症状を引き起こす可能性が高くなってしまいます。
それらの症状が相乗効果となって緊張感が増していき、赤面症やあがり症の症状がどんどん膨らんでしまいます。
そういった失敗や恥ずかしい思いがあなた自身の思い込みを強くすることで、あなたがその状況を常に避けようとする行為自体が一番の問題点となってしまうのです。
あがり症を克服するには、あがり症を引き起こす原因や症状の一つとされる赤面症 (赤面恐怖症) を改善していくことが大切になってくるのです。
posted by よし at 15:49 | 赤面症 (赤面恐怖症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。