心配症な自分に疲れます。

〜あがり症の悩み事例〜 (30歳女性)
私は超が付くほどの心配症で心身ともに疲れています。
もともとあがり症で悩んでいた時期もあったのですが、最近では絶対にありえないような事まで心配になるような心配症で悩んでいます。
例えば、外出するたびに
部屋の電気を消したかな?
家のカギをちゃんと掛けたかな?
などなど。 次から次へと不安感に襲われてしまいます。
挙句の果てには、その不安感がエスカレートして恐怖感になってきます。 
どういうことかと言うと、気になる物事を次々に最悪の想定として考えてしまうのです。
家のカギをちゃんと掛けたかな? → もしかしたら、今頃泥棒が入っているのかも… → 盗まれているシーンを想像してしまう。
いつもの時間に子供が学校から帰ってこない → ほんの20分前後の誤差でも心配になる → 事件や事故に巻き込まれているシーンを想像してしまう。
これらはほんの一例ですが、少しでも気になれば心配症の症状がでてきます。 よくあがり症などの症状として心配症も挙げられていますが、自分でもどうしたらいいのか分かりません。
あがり症や心配症の症状は、私自身の性格の問題として諦めていたので克服しようとか治療しようなんて思っていませんでした。
くだらない事を真剣に心配しすぎて鬱になったらどうしよう。。と心配になってきたので、最近では心配症などの精神的な苦痛から解放されたいので克服法や治療法を調べたりしています。 
私のように心配症やあがり症などの悩みを持つ人も多いようなので、私の辛さを理解してくれる人との意見交換をネットなどで積極的に参加していきたいと思います。

あがり症の治療法 / アロマテラピー(芳香療法)

あがり症の治療法に 「アロマテラピー(芳香療法)」 があります。
アロマテラピー(芳香療法)は化粧品や石鹸などにも応用される身近な存在で、特にハーブやネロリの香りは緊張感の緩和に効果があるとしてあがり症の治療法として注目されています。
また、ラベンダーの香りも気持ちを落ち着かせることでリラックス効果が得られるとされています。
そして、あがり症の治療法として有効な 「アロマテラピー(芳香療法)」 では、あがり症の症状に合ったアロマを選ぶことから始まります。
では、あがり症の症状別に有効なアロマを挙げていきますね。。

<心配症や恐怖感に効果的なアロマ>
ジャスミン・ラベンダー・ベルガモット・バジル・クラリセージなど。
<精神安定に効果的なアロマ>
ゼラニウム・グレープフルーツ・ベルガモットなど。
<憂鬱な気分に効果的なアロマ>
ラベンダー・ローズ・カモミール・ベルガモット・バジリコなど。

ここでアロマテラピーでの注意点があるのですが、
特に妊娠中の方や慢性的な病気がある方は必ず事前確認をして、アロマオイルの用法や用量を守って安全なアロマテラピーを心掛けてくださいね。。
アロマを上手く使ってあがり症の治療に役立てると同時に、アロマの香りを楽しむことでリラックス効果が得られれば一石二鳥ですね。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。