あがり症の対策 / お決まりのフレーズを考える

あがり症の人にとって、初対面の人と話すときの緊張感ほど嫌なものはありません。  でも、そんな状況からいつまでも逃げるわけにもいきませんよね。
そこで、あがり症の対策として 「お決まりのフレーズ」 という方法を紹介します。  
この場合の 「あなたのパターン」 とは、あなたが初対面の人と話すときの最初の挨拶や自己紹介のことをいいます。
あがり症の人が初対面の相手に恐怖感を抱いてしまうのは、最初の挨拶や自己紹介に問題がある場合が多いです。。
あなたにも経験はないですか?
初対面の人と話し始めようとするときの嫌な沈黙…。
この沈黙が、あなたのあがり症をさらに加速させてしまいます。
逆を言えば、最初の挨拶や自己紹介をスムーズに話すことがあがり症の対策になるということです。
あがり症の原因に 「不慣れ」 があるのなら、あがり症の対策として 「いつも決まった挨拶や自己紹介で慣れておく」 という方法があるのです。 つまり、あなたが決めた挨拶や自己紹介を使い続けることで慣れてしまえばいいのです。  
いつも同じ挨拶や自己紹介をすることで、スムーズな会話につながれば自信にもなります。
あなた自身が決めた挨拶や自己紹介は、慣れるまで使い続けることでオリジナルのあがり症対策としてきっと役立ってくれるはずです。

あがり症の克服で人生を変えたい。

〜あがり症の悩み事例〜 (36歳男性)
私はあがり症を克服することで人生を変えられると信じているサラリーマンです。 あがり症を克服することで人生を変えたいという強い願望を抱く私にはどうすることもできない大きな悩みがあります。
それは、あがり症の私にとって耐え難い苦痛を与え続ける 「業務報告会」 という会社で毎月行われるイベントが私を苦しめるのです。
全社員が集まって、各個人の業務に対する取り組みなどを大勢の前で発表するのですが、あがり症の私はこの報告会の数日前くらいから頭痛や吐き気に襲われてしまうのです。 
今までも、報告会で何度も恥ずかしい思いをしてきました。
頭の中が真っ白になって言葉に詰まったり、声が震えて笑われたりした体験を思い出すたびに恐怖感に襲われてしまいます。
今回の報告会でも大勢の人に心の中で笑われてしまうんだろうなと想像するだけで緊張して頭痛を引き起こしてしまいます。
あがり症でさえなかったら、こんな苦しみを感じなくてもいいのに…と自分のあがり症に嫌悪感を常に抱いてきました。
「あがり症の克服で人生を変えてやる!!」
実際に、あがり症を克服して人生を変えた人は多く存在します。  そういったあがり症を克服した事例を知るたびに、私のあがり症の克服に対する強い思いが溢れてきます。
あがり症による今までの悔しい思いをバネに、人生を変える第一歩としてあがり症の克服を実現できるように頑張っていきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。